ミックスダウン・プラグイン Pro Tools備え付けのD-VerbとLEXICONのリバーブ比較

リバーブにこだわってますでしょうか?

今回は、Pro Toolsに備え付けのD-Verbと、リバーブのトップメーカー、LEXION(レキシコン)のリバーブの比較動画を作ってみました。

リバーブでは、レキシコンの右に出るものはいない?

※ヘッドフォンで聴くとよくわかります。

どちらもミディアムサイズのホールを使用致しました。
リバーブタイムや周波数なども同じ設定にしているに関わらず、ここまで響きが変わるとは驚きです。

2014y06m12d_230444576

2014y06m12d_230501227

レキシコンの方が、残響の最後の最後までゴージャスな響きだと感じ取れます。
D-Verbはどうも作りものって感じが致します。

リバーブは本当に大切

イコライザーやコンプレッサーに比べ、地味な印象のリバーブ。
リバーブを上手く使いこなすことで、楽曲がナチュラルに仕上がっていきます。

また、音に厚みを出したい場合や、高音の響きを良くしたい場合なんかも使えます。
極論ですが、コンプとEQがなくてもリバーブで同等の作り方ができるんです。
本当に奥が深いリバーブなので、私もドンドン勉強していきたいと思います。

ご覧頂いたかたで、備え付けのリバーブを使用しているかたは、新たにワンランク上のリバーブを導入するのはどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る