2分で解説 ミックスダウンの意味 マスタリングとの違いとは

ミュージシャンなら知ってて当然!?ミックスダウンとマスタリングの意味を2分で解説

楽曲の良し悪しは、アーティストの技術と作詞作曲だけだと思ってませんか?
実は同じくらい、時にはそれ以上にミックスダウンとマスタリングが楽曲の良し悪しを左右します。

ミックスダウンの意味

mix down 1

ミックスダウン(別名:トラックダウン)とは、各楽器のバランスを整える作業です。

レコーディングでは、各楽器、パーツごとに録音していきます。
これらはもちろん、音量やニュアンスがバラバラですよね?
それらのバランスを整えていく作業がミックスダウンなのです。

料理で例えると調理作業

3683529844_02ef2ca904_z

あらかじめ用意された食材を調理していく作業がミックスダウンと考えてください。
「塩をこれだけ入れて」「玉ねぎはこう切って」「これくらい煮込んで」といった作業でしょうか。

調理人の腕が料理の良し悪しを左右するように、ミックスダウンの技術力が最終的な楽曲のクオリティに大きな影響を与えるのです。

さらに、この作業により、エンジニアの個性も表れてきます。
「このシェフの料理が好き」と同じく「このエンジニアの音が好き」といった現象も起こってくるのです。

マスタリングの意味

mastering

では、マスタリングの意味はなんでしょうか。

マスタリングは楽曲ごとのバランスを整える作業です。

アルバムを作る際、楽曲の音量バランスやニュアンスがバラバラだと聴きごたえが悪いですよね?
ミックスダウンが楽器ごとのバランス調整に対し、マスタリングは楽曲ごとのバランスを整えていきます。

料理で例えると盛り付け作業

2407293397_6deac9a32c_z

調理された料理を、食べる人の意思を考えながら適切なバランスで盛りつけたり、トッピングしていく作業だと考えてください。

マスタリングでは音量調整だけでなく、音圧調整も行うので、マスタリングすると音圧が上がります。

さらに、楽曲情報を埋め込みなども、マスタリング作業で行います。

ミックスダウンとマスタリングの工程が分かる動画

なんとなく文章でイメージしていただいたと思いますが、耳で聴いてご理解いただけるように動画を作ってみました。

「Before」は録音したままの状態、「After」はミックスダウン後、「Pre-MASTER」では音圧調整を行っております。
音量は変えていないのに、これだけ聴こえ方が違うんですね。

BTNレコーズではミックスダウンやマスタリングのコツをご紹介

favicon

いかがでしたでしょうか?
ミックスダウンとマスタリングの意味をなんとなく分かっていただけたら幸いです。

料理が奥が深いように、ミックスダウンやマスタリングも非常に奥が深いジャンルです。
自分の感覚だけでできるようなものではないので、当ブログを参考にしていただけると幸いです。

私が師匠に教わった事、教本やエンジニアの記事で学んだ事、音楽鑑賞の中で気付いた事、試行錯誤の結果分かった事など、数多くのテクニックをブログで随時紹介していきます。

「それって業者な以上、企業秘密じゃないの?」

って言われますが、惜しみません。
色んな人にミックスダウンやマスタリングに興味を持っていただけると嬉しいんです。

これからもBTNレコーズをよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る